最新情報

最新情報NEWS & TOPICS

ユーザが抱える課題解決のヒント 可視化・測定 活用事例③:DCR X-Analysis News<018>

株式会社第一コンピュータリソース             2018.3.14
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      DCR X-Analysis メールマガジン NO <018>
 第18回 ユーザが抱える課題解決のヒント 可視化・測定 活用事例③
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
        ◆◇◆ DCR X-Analysis News ◆◇◆
DCR X-Analysis NEWSをご愛読いただき、誠にありがとうございます。

前回から「可視化」、「測定」を活用した「計画」「実行」について
お客様事例に基づいて述べさせていただいております。
今回はその第3回をお送りいたします。

■顧客プロフィールと課題
 業種  :サービス業
 規模  :約300本(RPG)
 移行先 :クラウドサービス

 課題  :①営業システムの仕組みをクラウドのSFAサービスに移行する。
      ②移行に伴う既存システムへの影響を調査する。

■X-Analysisの活用範囲・内容と効果
 範囲  :課題に対する現行リソース調査及び移行影響調査工程
 活用  :①移行対象現行リソースの整理
       X-Analysisのアプリケーションエリア機能を用いて、移行対象
       リソースをグルーピングし、現行システムと区別を行い、
       また、非稼動オブジェクトについては除外を行った。
      ②移行後の影響調査
       X-Analysisのアプリケーションエリア間の連携調査機能を用いて、
       既存システムと移行システム間のプログラム呼び出し数、
       ファイルアクセス数の量的把握を実施した。
       また、データフロー、ストラクチャフローを用いて、具体的な
       クラウドサービスと連携必要なリソース箇所の特定を実施した。
      ③移行後の品質調査
       移行作業後のリソースにおいて、欠如するリソースが無いか、
       X-Analysisの問題分析機能で精査を行った。      

 効果  :移行対象リソースの仕様調査の効率化とともに、現行リソースとの
      連携システム部分の見積に漏れがなくスケジュール、予算ともに
      オーバーせずにプロジェクトを終了できた。

■次回予告
 次回(2018/03/28号)は引き続き、お客様事例④をご紹介させて
 いただきます。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
知っていますか? X-Analysis製品価格は160万円~840万円になりました。
詳しくはこちらまでお問い合わせください
http://www.dcr.co.jp/X-Analysis/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

PAGE TOP
システムソリューション
プロダクトソリューション
グローバルソリューション
企業情報
採用情報