資料をダウンロード

既存システムを“見える化”し、設計書を標準化して一元管理

VSSD

プログラム更改において、設計書がない、あるいは設計書の内容が変更されていないために、
影響調査に時間がかかりプログラミングのための時間が確保できない、
チームでの共同作業ができない、担当者の引継ぎがスムーズにいかないなどの課題を抱えている情報システム部門は多い。
このような課題を解消するにはどうすればよいのでしょうか。

仕様書の管理不足や属人化による弊害

システム開発では、要件定義や基本設計、詳細設計の各フェーズにおいて、設計書をはじめさまざまなドキュメントが作成され、これらのドキュメントに基づいてシステム開発担当者がプログラミングを行う。この一連のドキュメントを、いかに一元管理するかが、情報システム部門の大きな課題となっています。

例えば、すでに開発したシステムに対し、現場から「ここを直してほしい」「あの機能を追加してほしい」などの要望が上がってくることは頻繁にあることです。こうした場合、プログラムの修正が優先され、当初作成したドキュメントの変更は後回しにされる傾向にあります。さらに、次のプログラム修正依頼がきて同様のことが繰り返され、プログラムは修正されているのに、ドキュメントは当初のままの状態で整合性がとれなくなくなりブラックボックス化してしまいます。こうなると、後々のプログラム修正や担当者が変更した際に、ドキュメントが役に立たず、変更の影響調査をするのにソースコードを1からトレースしなければならなくなり、ムダな時間を費やしてしまうことになります。

仕様書の管理不足や属人化による弊害
仕様書の管理不足や属人化による弊害

また、ドキュメントは更新されていても、案件ごとや作成者ごとに記述の形式や内容が異なっていることがあります。そのため、ノウハウが属人化してしまい、担当者の異動や退職による引継ぎなどで苦労することに。

ドキュメントが正しく管理されているのは、全体の数パーセントに過ぎないという調査結果もあります。システム開発部門の生産性を向上させ、人手不足を補うためにも、設計書をはじめとするドキュメントの一元管理や"見える化"が必要とされているのです。

リバースエンジンとVSSDで既存システムを"見える化"

こうした課題を解決するのが、第一コンピュータリソースが提供する、「システムの"見える化"サービス」です。

これは、独自開発のリバースエンジンを使って、既存システムのソースコードをシステム設計専用ツール「Verasym System Designer(VSSD)」に取り込み、必要なドキュメントを自動生成するサービスです。

既存のプログラムのソースコードから、VSSDでドキュメントを自動生成し、その後はVSSDを活用して変更管理ができるため容易にシステムを把握することができ、属人化を防ぐことができます。プログラム修正時の調査工数を削減し、影響範囲の調査漏れをなくすこともできるので、システム開発の生産性と品質を大幅に向上できます。

またチーム開発において、ExcelやWordでドキュメントを作成するのではなく、VSSDで常に最新の設計情報を共有することで、システムの設計変更をリアルタイムに反映することも可能です。

リバースエンジンとVSSDで既存システムを見える化
リバースエンジンとVSSDで既存システムを見える化
  • システム設計に求められるドキュメント作成・管理に特化した専用アプリケーション
  • 新規のシステムは、人手による入力でシステム設計を行う
  • 既存のシステムはリバースエンジンにより自動生成する

既存システムの"見える化"による5つの効果

"見える化"サービスのメリット

  1. 手作業で行うよりコストが低く抑えられます

    手作業で行うよりコストが低く抑えられます

    既存プログラムを見ながら手作業で設計書を作成するには、膨大な労力を要します。"見える化"サービスでは、リバースエンジンによりプログラムを解析し、設計書としてわかりやすい日本語に翻訳。これにより実に85%の作業が自動化されるため、すべてをお客様が手作業で行うのに比べて、コストは大幅に抑えることができます。

  2. 自動化されているので手作業よりも正確

    リバースエンジンによる自動化は、作業時間の短縮のみならず、品質の向上にも寄与します。同じ定義情報なのに記述箇所により内容が異なるなど、手作業による人的ミスはどうしても避けては通れませんが、決められたルールに従って変換するリバースエンジンによる自動化では、そのようなミスは起こりません。

    自動化されているので手作業よりも正確
  3. 今後の管理もVSSDで一元管理ができる

    今後の管理もVSSDで一元管理ができる

    "見える化"サービスにより作成された設計書は、項目間の繋がりを内部的に認識しているため、その後の改修や影響調査などで効果的にご活用いただくことができ、品質の向上と工数の低減に貢献します。また、データベース定義や項目定義など、可能な限り多くの設計情報をVSSDで一元管理すれば、その効力は更に倍増します。

システムの見える化キャンペーン

2018年3月末までにVSSDをご購入いただいたお客様を対象に、
VSSDライセンス1本につき5,000Stepまでのプログラムを解析して設計書を自動生成!

【キャンペーンの対象言語】

詳しくはお問合せください